大阪の観光スポット・宿・イベント情報をお届け!

【大阪市】年に一度のお楽しみ「造幣局桜の通り抜け」で桜のトンネルをくぐる

造幣局桜の通り抜け 自然

春といえば桜。大阪市内にはたくさんの桜スポットがありますが、なかでも有名なのが大阪市北区にある造幣局の桜の通り抜け。毎年桜の時期になると普段は立ち入り禁止の区域も1週間だけ開放され、桜を楽しむことができます。

今回はお天気の良い日曜日に造幣局桜の通り抜けへ行ってきました。

JR東西線の大坂城北詰駅を下車し3号出口から出たら、あとは流れに沿って歩いていきます。日曜は朝9時から入れるということで、朝いちばんに行きましたが、それでもたくさんの人でした。

ソメイヨシノはややピークが過ぎていますが、まだまだ大川沿いはピンク色です。桜ノ宮という地名通りの咲き乱れぶりです。

大川沿いの桜

そして大川沿いは朝9時から屋台も準備バッチリです・・・。

屋台

お祭り気分も盛り上がって、とても楽しいですね!では、桜の通り抜けスタートです!!

桜

造幣局桜の通り抜けは、明治16年から開催されているらしく、構内旧淀川沿いの全長560mの通路を南門から入って北門へ抜ける、「後戻り不可」な、道行。

桜

いろいろな種類の桜があり、それぞれの幹に名前の札がかけられています。

八重桜

ほとんどの種類が遅咲きの八重桜なので、通り抜けは4月半ばの開催になるようです。私は長身ということもありますが、桜の花がこんなに近くに見れるというのはとても珍しいと思います。

桜アップ

八重桜も華やかですが、私はこの「思川」という花が好きです。エドヒガン系のシュッとした感じの佇まいです。

また、背後での会話を聞いた感じでは、この時間帯はまだすいているそうで・・・。この状態で「すいている」なら、ピーク時の混雑ぶりはちょっと怖いかも。ちなみに、通路の真ん中で立ち止まるのはマナー違反ですが、桜の木のそばで立ち止まって写真を撮るのはオッケー。

出口まで300mのところでめがね橋(のレプリカ?)がありました。

橋と桜

こちらは造幣局の博物館。レンガ造りの建物がまた桜とマッチしています。

博物館

「幸福」という名前の桜ですって・・・。素敵。

幸福

さてそんなふうに流れに沿って、上ばかり見ながら数百メートル歩いた最後には「今年の桜」があります。毎年いずれかの品種を「今年の桜」とするそうですが、今年は、

鬱金

鬱金(うこん)でした!!

鬱金

きれいな鬱金色です。この赤みのかかった黄色を鬱金色というのですが、まさにその名の通りの華やかさです。

鬱金

鬱金とは金が栄えるという意味もあって、非常に縁起もいいんだとか。今年はたくさんたくさん栄えたいです。よろしくお願いします!!

桜の見ごろというのは予定を立てられないものなうえに、造幣局の通り抜けはたった1週間の開催とあって出かけるのはちょっと難すが、ソメイヨシノの群生とはまた違う、普段見慣れない八重桜のトンネルもゴージャスですよ!!

旅データ

この記事を書いた人
ミキ

お城やお寺が大好きです。荘厳さや豪奢さも好きですが、どこか懐かしいな、という風景により惹かれます。そのくせ特別拝観と聞くとやはりソワソワするので、「特別」は年に数回の贅沢として楽しんでいます。

#大阪ひとり旅ガイドをフォローする
自然
#大阪ひとり旅ガイドをフォローする
大阪ひとり旅ガイド