大阪の観光スポット・宿・イベント情報をお届け!

【難波】ミナミを歩く!難波から心斎橋へ「戎橋筋商店街」をブラリと散策する

戎橋筋商店街 観光スポット

大阪ミナミといえば戎橋筋商店街。ここは毎日が大騒ぎの大賑わい。特に近年はアジア系外国人の方々の観光&お買い物スポットとなっているようです。

今回はこの戎橋筋商店街を難波から心斎橋に向かってブラブラと散策してきました。

商店街の入口は、各路線の難波駅に直結している地下街「なんばウォーク」の12番・13番出口から地上に上がってすぐ。

戎橋筋商店街の入口

商店街に入ってすぐの所でひっそりとお出迎えしてくれているのが「えびたん」。この商店街のマスコットキャラクターです。

えびたん

キャラクターからも商人の町大阪が表れていますよね。

そしてそこからすぐのところにあるのが「北極」。関西では有名で、人気商品は昔ながらの素朴な味わいの棒つきアイスキャンデーです。

北極

こちらは老舗の昆布屋さん「をぐら屋」。お土産品としておすすめです。

をぐら屋

こちらは今や全国区で有名な「551蓬莱」本店。

551蓬莱

ここの豚まんを知らない人は少ないのではないでしょうか。でも夏場はアイスもおすすめです。

そんな名店がいくつもあるほか、最近は海外の方向けに新しくできたドラッグストアやアクセサリーショップなどがいくつもあります。新旧の味わいがごちゃまぜでそれがまた戎橋筋らしい雰囲気!

そうこうしている間にたどり着きました。ミナミで記念撮影するならこの辺り!

まずは「かに道楽」ですね。今日も活きのいいカニは動いています。

かに道楽

その奥に広がる景色がこちら。

大阪王将

う~ん、派手ですね。インパクトのぶつけ合い!

そして大人気のくいだおれ太郎くん。この日も記念撮影に人が並んでいました。

くいだおれ太郎くん

その横で「TARO’S PALAR」なるものを発見。

TARO’S PALAR

少しずつリニューアルしてさらにパワーアップしているミナミ・・・。商売ッ気を感じずにはいられません。ちなみに販売されているのは、りんご飴のようなフルーツを飴でコーティングしたもの。いわゆる「あめちゃん」ですね。

そんなたくましさ溢れるミナミの戎橋筋商店街。ぶらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

旅データ

この記事を書いた人
石川つむぎ

「知らなかったものに出会える」そんな旅が大好きです。景色、歴史、食べ物、言葉。そして自分の中の感性や感情。それらと出会えたときの気持ちを大切に文章に綴っていきたいなと思っています。みなさんもhave a nice trip!!

#大阪ひとり旅ガイドをフォローする
観光スポット
#大阪ひとり旅ガイドをフォローする
大阪ひとり旅ガイド